株式取得による買収とはどんな方法ですか?

株式を取得することで経営を取得すること

株式取得による買収とは、発行済み株式の50%より多く株を持つことで、実質的経営権を獲得する方法です。上場企業ではあれば、マーケットで株式を取得することができます。ただし、それほどの株式が動いてしまうと株価に大きな影響を与えることになります。買収するつもりで用意した資金以上の株価になる場合もあるでしょう。未上場企業であれば、株主から直接譲り受ける場合が多いです。株主は様々な理由から株式を手放すことがあり、額面以上の価格を提示されたから手放すとは限りません。このような買収の方法は基本的には友好的に行われることが多く、トラブルになることは少ないです。これは株式が譲渡されることで全ての買収が終了するからでしょう。

株式取得による買収が必ずしも上手くいくとは限らない

株式取得による買収は思わぬ横やりが入るときがあります。買収を聞き付けたライバル会社も同じように買収に乗り出すことは少なくありません。魅力的な案件であれば、その可能性は少なくないでしょう。また、買収される企業側が対策を取ることも多いです。方法としては取引のある銀行や企業に割安で株を提供する方法や、持ち合いを提案する方法などがあります。買収対策としては持ち合いは一般的な方法です。どちらの経営陣にもメリットがあるからです。このような対策をされると買収が失敗することもあります。対策は決して有効でなかったとしても、情報が漏れてしまうからです。買収の情報は利益を稼ぐ情報として、利用する投資家は少なくないのです。そのような面から横やりが入ると、上手く進まないことがあるのです。