吸収合併とは何ですか?

企業が吸収合併するのはなぜ

吸収合併というのは、二つの企業が、合併したときに一つの方の企業がもう一方の企業を法人としてなくしてしまったうえで合併することです。合併に対してM&Aという言葉を用いるのはよく聞く話ですが、M&Aというのはどういった意味があるのでしょうか。 M&Aには大きく分けて二つの意味があります。一つは企業同士がひとつになるいわゆる「合併」です。もう1つは一つの企業がもう一つの企業を飲み込んでしまう形をとる、「買収」です。この両方の意味でM&Aという言葉が使われます。基本的には、企業同士が合併することによって、合併するそれぞれの企業が持っている強みの部分が相乗効果となって現れるなどしたり、組織が大きくなることによって、顧客からの信用度も高まるなどの大変大きなメリットがあるのが主な特徴です。

買収とは、どう違うのか

吸収合併とよく似た言葉で「買収」がありますが、どう違うのでしょうか。簡単に言いますと、合併が、会社同士が一つになるということなのに対し、買収はある会社が別の会社の全てを買収するわけではなく、例えば、株式の過半数を買い取って、議決権を得たりなどして、要するにコントロールできる立場になることで、優位に立つことが出来るというメリットがあるのが買収です。別の言い方をすれば、「子会社化」するということでもあります。吸収合併よりもより部分的なところがあるのが特徴です。お互いの会社のメリットを考えていくならば、上から目線の買収より、吸収合併のほうが、大きなメリットがあると言えそうです。そこが大きな違いでしょう。