企業同士の合併や買収を意味するM&A(Mergers and Acquisitions)は、経営状態の改善や強化を目的として行われる経営戦略の一つです。しかし大手企業や老舗企業などが絡む場合、その複雑な背景によって交渉が長期化したり、内部分裂を引き起こしたりするデメリットもあるため慎重な判断が必要です。

合併型M&Aの場合

買収ではなく合併を選ぶ具体的なケースは?

企業が合併を選ぶ理由は、規模の拡大により粗利を伸ばすことです。粗利を伸ばすには一定の売上を残した上で、会社の経費や仕入れに要する費用を抑える必要があります。競合がひしめくエリアでは他と違うことをし…

Read More

吸収合併とは何ですか?

吸収合併というのは、二つの企業が、合併したときに一つの方の企業がもう一方の企業を法人としてなくしてしまったうえで合併することです。合併に対してM&Aという言葉を用いるのはよく聞く話ですが、M&Aと…

Read More

新設合併とは何ですか?

合併には吸収合併と新設合併の2種類があります。新設合併は子会社同士が合併する場合に用いられることがあり、その子会社のいずれの会社も消滅しその代わりに新しい会社が設立します。消滅してしまう子会社の資…

Read More

買収型M&Aの場合

ある企業が他の企業をお金で買い取る買収は、双方の力関係に大きな差がある場合がほとんどです。また時には「敵対的な関係にあるライバルへの対抗策」として行われるケースもあり、攻めの側面が強い手法と言えるでしょう。

買収が行われるのは具体的にどんな場合ですか?

買収が行われるのは、買い手と売り手の双方にメリットがあると感じられる場合です。企業買収をした買い手がメリットを感じる場合とは、新規事業に参入して事業を多角化したい時などです。自社で一から新規事業に…

Read More

株式取得による買収とはどんな方法ですか?

株式取得による買収とは、発行済み株式の50%より多く株を持つことで、実質的経営権を獲得する方法です。上場企業ではあれば、マーケットで株式を取得することができます。ただし、それほどの株式が動いてしま…

Read More

事業譲渡による買収とはどんな方法ですか?

買収型M&Aでは、事業譲渡による買収も行われています。事業譲渡は法人ごとの売買ではなく、必要な事業だけを売買する方法です。譲渡は有形固定資産、流動資産や無形資産も対象となります。買い手が必要な資産…

Read More

経済学でよく聞くM&Aとは?

「M&A」は英文の「merger and acquisition(合併と買収)」を略した経済用語です。企業が他の企業と合併したり、他企業を買収して自社を拡大していく行為の事を言います。